卒園式謝辞〜構成を考えよう〜

卒園式謝辞の構成

さて、今回は卒園式謝辞の構成についてお話させていただきます。

幼稚園や保育園の卒園式で謝辞を聞くと、「あれれ、そんな簡単でいいの?」とか「話が一般的過ぎない?」と思うことがよくあります。

可愛いお子さんが幼稚園・保育園を巣立っていく機会なのだから、心に残るスピーチや挨拶(あいさつ)にしていきたいですよね。

そこで、卒園式の謝辞を内容の濃いもの、感動するもの、心に残るものにするポイントです。

これは構成とエピソードの二つにつきるのではないかと思っています。

ここでは構成についてお話させていただきますね。

代表的なトピックとその説明を加えます。これらの中から適当と思うものを選んだり順序を入れ替えたりして、謝辞を考えて見て下さい。

@前フリ
幼稚園・保育園の保護者を代表して感謝の気持ちを述べさせていただきますという趣旨の言葉です。

A季節のあいさつ
早春の候〜などというやつですね。

B卒園式を開いてくれたことへの感謝の気持ち
卒園式を開いてくれた幼稚園・保育園への感謝の気持ちを述べましょう。来賓の方々へも同様です。

卒園式を開いてくれるのを当たり前のことだと思ってはいけません。

C幼稚園・保育園でのエピソード
入園式のこと、運動会のこと、合唱会のこと、おゆうぎ会のこと、お泊り保育のことなどについて子供(園児)達がどう感じていたか、母親(父親)の立場からどう思ったかなどエピソードを盛り込む形で考えてください。

これについてはのちほど別のページで詳しくお話します。

D先生達への感謝の気持ち
○○先生はこんなときこう接してくれた、△△先生はこんなことを言ってくれて子供がとても喜んでいたなど先生一人ひとりに具体的なエピソードをつけて感謝の気持ちを表すというのもいいかもしれません。

園長先生や理事長先生への言葉も入れるのも忘れないでください(笑)

E園児たちの巣立ちとこれからについて
これから、いろんなことを学び挫折も味わうだろうけど、幼稚園・保育園で学んだことを胸に大きく羽ばたいていくみたいな内容ですね。

親としてどういう風に育てていきたいか、育ってほしいかというのを入れてもいいかもしれません。

F幼稚園・保育園のこれからを気遣うことば
幼稚園・保育園の発展と先生方の健康を気遣うことばですね。これで締めです。

G日付と名前
平成何年何月何日 保護者代表 あなたの名前

といった感じです。

これは基本的な例なので、ここにアレンジを加えながら素敵な卒園式の謝辞を作ってくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。