卒園式謝辞〜エピソードを盛り込もう〜

卒園式謝辞の作り方、続いてはエピソードについてです。

幼稚園・保育園の卒園式の謝辞(あいさつ・メッセージ・贈る言葉)を感動的なものにするためにもっとも重要なのは、このエピソードです。

構成はある程度形が決まっていますが、エピソードの内容は千差万別だからです。

まずエピソードを考える上での切り口を二つ紹介します。

それは、行事と人です。

行事というのは、入園式・運動会・お泊り保育・夏祭り・おゆうぎ・合唱会・遠足・クリスマス会・バザーなどです。

人というのは、担任の先生・他の先生・園長先生・理事長先生・地域の方々のことです。

これら二つの軸のどちらか(もしくは両方)の中から、お子さんがとても楽しそうにしていた瞬間・頑張ったこと・お母さんの立場から思ったこと・嬉しかったこと・困ったこと・大変だったことなどについて考えてみて下さい。

エピソードをつくるコツは、できるだけ具体的に書くこととその瞬間の感情や気持ちを盛り込むことですね。

人や場所の名前などの固有名詞や、そのときのセリフなどを入れるとぐっと具体性が増しますよ。

大好きな幼稚園・保育園の卒園式にふさわしい素敵な謝辞を考えてくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。