卒園式祝辞とは

卒園式祝辞の書き方を説明する前に、まず祝辞とは何か、どんな意味を持つかについてお話させていただきます。

祝辞とは、祝いの言葉です。

では、卒園式の祝辞では誰が誰にお祝いの気持ちをあらわすのでしょうか?

お祝いの気持ちを表す側の人は、幼稚園・保育園の園長先生、理事長先生、保護者会・PTAの会長(卒業する年ではない園児の親)、来賓などです。

そして、お祝いされる立場の人はもちろん、卒園する園児とその保護者ですね。

卒園式の祝辞は、幼稚園・保育園の卒園を祝うのはもちろん、そのあとに続く小学校中学校での活躍の期待や、もっと言えばその子達のこれからの人生が幸せなものであるようにとの気持ちもこめます。

こういってしまうと堅苦しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、素直に卒園おめでとうの気持ちを文章にすればいいのです。

こうして、誰が誰に対してお祝いの気持ちを表すものかを明確にすると、卒園式の祝辞も書きやすくなるのではないでしょうか?


タグ:卒園式 祝辞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。