ある卒園式の流れ

今回はある幼稚園の卒園式を例にとって式の流れを紹介します。卒園式が初めてだという方や祝辞や謝辞を読むのは全体の中でどの位置にあるのかを把握したい方には参考になるはずです。

まず集合時間は9時半です。ただし、その1時間くらい前から待っている保護者の方もいらっしゃいます。かわいいわが子の晴れ舞台ですからね。その後30分程度待つとホールが開場するはずです。待ち時間の間にその様子や幼稚園を写真に収めておくのもいいですし、謝辞の復習をしておくのもいいですね。

ホールに入るとまっていた順にはじから席に通される場合や、好きな席にすわれるというケースがあります。前者の場合だと待ち損ということもありえますね。

いよいよ卒園式の始まりです。園児たちが入場してきます。その後園歌を歌い、卒園証書の授与となります。お子さんの番には特に力がはいりますよね。名前の順に舞台に上がり元気よく返事をします。

園児全員に証書が渡ると、贈る言葉や呼びかけ、合唱などの出し物があります。

そしていよいよ祝辞です。先生や地域の方からの、祝辞があります。さらに保護者代表からの謝辞があります。同じ親御さんの立場ということで、感極まってしまう方もおおいでしょうね。

退場してからはクラスに戻り担任の先生や他の保護者の方との別れの挨拶です。最後に記念写真をとって卒園式も終了という形ではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。