卒園式で上手に挨拶をするにはカテゴリの記事一覧

服装はどんなかっこうがいいの?

服装の準備はもうできていますか?もうすぐ卒園式のシーズンですね。謝辞を読む予定のお母さんも祝辞の準備をしている方々も、幼稚園や保育園の先生や園長先生も、卒園式が近くなってくると服装をどうすればいいか気になってきますよね。

先生方や上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいる親御さんは、卒園式の様子がイメージできても、初めてのお子さんが卒園式をむかえるというお母さんは、服装に悩まされていることだと思います。そこで今回は、卒園式で着ていく服装のアドバイスをしちゃいます。

まずはお子さんの服装から説明してみます。制服がある幼稚園や保育園は、卒園式も制服で行う場合がおおいですね。ただ、いつもと同じ服だからといって油断しちゃあいけませんよ。アイロンをしっかりかけたり、ゴミや汚れがついていないかしっかり確認してくださいね。アイロンをかけるだけでずいぶん違いますから。

制服がない場合は、フォーマルの服を買うわけですが、紺か黒のブレザーにシャツとズボンというようなシックな組み合わせがお勧めです。七五三のときに着た服を着まわすのもいいかもしれませんね。

一番気になるのはお母さん、お父さんの服装ですよね。卒園式は入園式と比べて落ち着いた服、大人しめの服装が多いです。これは、入園式が春のさくらの咲く季節に行われたり、新しい生活を連想させるのに対して、卒園式は別れというちょっと悲しいシーンがあったりするからなのだと思います。紺やグレー、または黒などの控えめな色のスーツにワンポイントで明るい色のネクタイやスカーフを身につけるくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

タグ:服装

卒園式の挨拶

卒園式の挨拶

卒園式の挨拶とは、保護者の方の謝辞やPTA会長や園長先生の祝辞などがありますが、そのほかにも地域の来賓の方が述べる挨拶がありますね。

謝辞や祝辞はそれぞれのページを参照していただくとして、今回は来賓の方々の挨拶についてお話させていただきます。

まずポイントは、卒園式の来賓の挨拶が誰の立場で行われるかということですね。

多いのは、その幼稚園なり保育園がある地区の小学校の校長先生や教頭先生ですね。

校長先生や教頭先生であれば、小学校になるとこんなことができるこういう楽しみがあるという期待感を語るというのが、ひとつの方向性です。

逆に小学生になるとこういう責任があるこんなふうに頑張らなければならないという面を話しに盛り込むのもありですね。

いずれにせよ、幼稚園や保育園と小学校の違いという点にフォーカスして、挨拶を考えればいいのではないでしょうか?
タグ:卒園式 挨拶
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。